お知らせ

この世界で知っておいてほしいこと

釈迦

「わたし」という幻想

普段改めて考えることない「わたし」について。お釈迦さまの教えの焦点であることは、知る人ぞ知ることです。今回は、この愛おしくもあり、煩わしいこともある「わたし」について改めて考えてみました。

釈迦 雑記

分岐点

インドにおけるヒンズー教のように、広がらなかった日本仏教。その衰退の要因と仏教の今後について考えてみました。

転生 釈迦

過去生を知ってわかった人生の指針

解脱とはこころと体の癒着を剥がしていくことです。長い時間がかかる気の遠くなりそうなお話しですが、始めなければ何も変わりません。今回は、過去生を知ったことで解脱についてわかってきたことを記事にいたしました。

転生 釈迦

過去生への最終アプローチ

昨年2023年の3月、今世と深く結びついた決定的な過去生を思い出してしまいました。今回の記事は、過去生から見えてきた仏教の真実についてご紹介したいと思います。

仏の教え 供養 釈迦

塔を起てて供養すべし

お釈迦さまの言葉の中に「塔を建てて供養すべし」とあります。他の大切な教えの中では、見落とされがちな言葉ですが、実は人にとってもっとも基本的な教えでなのです。この塔の意味合いとその歴史について記事にしてみました。

楽に生きる

幸せになるために

不安な日々にある人々にとって、真の幸せとは何なのか考えてみました。

楽に生きる

鬼は外、福は内

とてもなじみ深い節分の豆まきの掛け声に、仏教的意味を見出してみました。

仏の教え 楽に生きる

仏種を育てる

仏種(ぶっしゅ)とは、誰でもこころの中にある仏になるための種です。これを育み大きくしていくことが、人として生まれた理由なのです。そんな仏種を今回取り上げてみました。

あの世 楽に生きる

執着はこころに傷をつける

今回は、あの世では、足かせになってしまう、誰でもが持つかもしれない執着について考えてみました。

仏の教え 楽に生きる

人生のカギを握るたったひとつのキーワード

目に見えない世界では、人生のカギを握る大切なキーワードがあります。そんな言葉について、記事にしてみました。

もっと見る

仏の教え

仏教とはいったい何なのか?

現在インドでは仏教はヒンズー教に取り込まれ、聖地を含めてその管理下にあります。ヒンズー教と日本の曖昧な宗教観はとても近く、鎌倉時代から続く日本における仏教も、実はインドでのヒンズー教下の仏教と似たような状況下にあるのではないかと思っています。

仏の教え 楽に生きる

仏種を育てる

仏種(ぶっしゅ)とは、誰でもこころの中にある仏になるための種です。これを育み大きくしていくことが、人として生まれた理由なのです。そんな仏種を今回取り上げてみました。

仏の教え

原罪と罪障

「ノアの方舟と三界の火宅」に続いて、キリスト教の概念とともに法華経の罪障という言葉に迫ってみました。

仏の教え 雑記

ノアの方舟と三界の火宅

ノアの箱舟と三界の火宅、2つのことなる宗教におけるお話しの簡単な説明からその共通点について記事にしてみました。

仏の教え 供養 釈迦

塔を起てて供養すべし

お釈迦さまの言葉の中に「塔を建てて供養すべし」とあります。他の大切な教えの中では、見落とされがちな言葉ですが、実は人にとってもっとも基本的な教えでなのです。この塔の意味合いとその歴史について記事にしてみました。

もっと見る

仏の教え 供養 釈迦

塔を起てて供養すべし

お釈迦さまの言葉の中に「塔を建てて供養すべし」とあります。他の大切な教えの中では、見落とされがちな言葉ですが、実は人にとってもっとも基本的な教えでなのです。この塔の意味合いとその歴史について記事にしてみました。

霊の通り道

あの世 供養 霊障

霊の通り道

どのような成り立ちからかは知れませんが、霊の通り道というのがあります。わたしの家で起こった霊の通り道にまつわる出来事です。

供養

お彼岸と雑談

今年の秋のお施餓鬼も無事に終えることが出来ました。本日は、少しぼーっとした頭を抱えながら雑談を語りたいと思います。

供養のあり方

供養

供養のあり方

秋のお彼岸の季節になりました。供養について、改めて考えていただきたいと記事にしました。

ポルターガイスト現象補足

供養 霊障

ポルターガイスト現象 補足

前回の記事「ポルターガイスト現象」の補足です。逃げて済む問題でないことは、担当した僧侶も同じなのです。そのことについて、少し補足してみました。

もっと見る

仏の教え

原罪と罪障

「ノアの方舟と三界の火宅」に続いて、キリスト教の概念とともに法華経の罪障という言葉に迫ってみました。

仏の教え

ネット社会における口罪

ネット社会は、自由な発言を享受できる一方、こころない発言は人を簡単に傷つけてしまう諸刃の刃です。目に見えない世界から観たネット社会の現状を記事にしてみました。

移り変わる時代

雑記

移り変わる時代

現代は生きづらい世の中です。レールから外れてしまうと、生活維持に振り回されるため、他人に対しても、余裕のない人々に溢れかえっています。そんな時代だからこそ、自分をもう一度見つめ直してほしいと思っています。

戒名の意味その2

供養

戒名の意味 その2

戒名の意味の2回目は、わたしの法名を元に戒名を説明してみようと思います。少しでも、みなさんの参考になればと思います。

運命と宿命

運命と宿命

人生を支配しているかのようにも見える運命論。実は、自分の人生は自分でコントロールするものなのです。運命と宿命について考察しながら、人生をより良く生きる術を見出していきます。

もっと見る