運命と宿命

運命と宿命

はじめに

運命という言葉は、場面は限られますが日常よく使われていますね。また、宿命となると少し重い言葉に感じられて最近ではあまり聞かれませんが、昭和の時代には良く使われた言葉でした。

一般的に、運命はいくらか避けられますが、宿命は避けられないようなそんなニュアンスがあります。また、宗教によっては、運命には神の背景があって、

「すべてのことはコーランに書かれている。」

で有名なイスラム教圏では、徹底した運命論的思想になっています。このように生活の中に入り込むほど極端な思想もどうかと思います。

一方、目に見えない世界が生活の一部として浸透してくると、運命や宿命という概念は次第に姿を消していきます

今回は、運命と宿命について触れてみたいと思います。

運命について

わたしが社会で働いていた頃、同僚をはじめ多くの人々が昭和のヒット曲のように運が良いとか悪いとか囁いていました。

運も運命のひとつと考えるならば、良運・不運の運命論は、特に気候・地殻変動の激しい日本では受け入れやすい概念でもあります。不幸な出来事を乗り越えるため運命ならば仕方がない。自分を納得するために使わざるを得ない切羽詰まった事情も考えられます。

しかし、こう言ってしまうと一見冷たく取られるかもしれませんが、物事のほとんどは何でも起きる原因があり知らないうちに自分でそれを選んでいる場合がほとんどなのです。

わたしは僧侶になってからというもの運・不運を簡単に使ってしまう人々に非常な違和感を覚えています。もちろん運・不運を社会生活を営む上の社交辞令で使う一面もあるかとは思います。

なぜ、わたしが違和感を感じるているのか、そこに言及してみたいと思います。

運命から因縁へ

人が運命だと思っているものは運命ではなくて因縁です。

何にでも因があってそこから縁が発生しその因縁ですべての物事は進んでいきます。その因を発生させている根源がこころのあり方なのです。お釈迦さまは、これを十二因縁の法として化城喩品の中で説いています。

わたしは、この教えを感得するうちに、運命など存在しないことを悟りました。

人は己の経験や思い癖を基に物事に反応します。その蓄積によって因をつくり縁を紡いでいくのです。こころが整っていれば自然と良縁を繋いでいくし、こころが乱れていれば悪縁を引き寄せてしまいます。

自分のこころは確かに自分のものです。ですが、ほとんど人は自分のこころを、自分でコントロールしているつもりになっているだけで、実はコントロールできていないのです。そこに、自分のこころとのずれや齟齬(そご)が発生するため、自分でも思ってもいなかった因が発生してしまいます。結果、あたかも運命のように感じてしまうのです。

必然を偶然と感じてしまう要因もここにあります。

一方で、宿命といわれるものはその因縁の積み重ねで起こります。もっと時間軸のスケールが大きく、中には前世からの因縁というのもあるでしょう。その積み重ねられた因縁の大きさや複雑さは想像をはるかに超えています。そこで、それを宿命と感じてしまう自分がいるのです。

前世からの因縁

みなさんとわたしの寺院の僧侶の違いをあえて言うならば、わたしの寺院のほとんどの僧侶は、生まれて以来僧侶として生きる因縁を持っていることです。それは、僧侶本人がその因縁を知る知らないにかかわらずです。これも、前世からの因縁により発生したものです。

例えば、先だっての記事に登場しましたわたしの師匠にもあたる尼法師の過去は壮絶です。

こちらも合わせてどうぞ

尼法師には当時付き合っていた婚約者がいました。出家せねば、自分が同乗した車の事故で、婚約者が死を迎える未来を神から見せられたのです。僧侶になる因縁にあるものが、その道を逸れると家族や周りの人々に影響を及ぼします。

出家して人助けをするか、愛する婚約者が早々亡くなる俗世に生きるかと、尼法師はつらい決断を神に迫られました。

おわりに

人生の行く末を大きく作用する出来事は大きな因縁に由来します。もはや自分でコントロールできるレベルを超えているためそれは宿命のように見えるのです。

一方、今世で発生した因縁の多くは自分のこころのあり方でいつでも良い方向に向けることができます。

運命はこころのあり方でいつでも変えられる。

不運を逃げ口上に使うのは頂けませんが、納得して前に進むため、また気持ちを切り替えるために、運命論をうまく使うことは処世術のひとつです。しかし、この世には人のこころを基に発生した因縁があるだけで、運命や宿命は存在しません。

何度もこのブログで言いいますが、

人生を良く生きるヒントは自分のこころを整えることです。

♪運が良いとか悪いとかと手をこまねいている場合ではありません。

自分の思いの癖を自覚して、こころをコントロールしながら因縁を良い方向に自分で作っていくのです。

そんなこころが問われている時代だと思っています。



よろしければ、必要な方に届くよう以下のリンクへ1Clickお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

よく読まれている記事

よく読まれている記事です。

目に見えない世界を垣間見る

はじめての家祓い

出家に至る経緯

迷いのある方にオススメ記事

人の思いが気になる方へ 1

はじめに 今回の記事は住職から頂きました法話からです。 今回の記事、読んで納得するだけでは絵に描いた餅ですが、実践すれば ...

運命と宿命 2

人生を支配しているかのようにも見える運命論。
実は、自分の人生は自分でコントロールするものなのです。
運命と宿命について考察しながら、人生をより良く生きる術を見出していきます。

人生の目標 3

たまには僧侶らしく法話をしてみたいと思います。
人の人生にとって、何を目標とすべきか。
それを簡潔に記事にしてみました。
参考になれば幸甚です。

4

やっと秋っぽくなってきた夜長に。生と死の境界についていっしょに考えてみませんか。

5

生活を好転させる方法のひとつに気分のコントロールがあります。
これは、お釈迦さまの教えにも通じる人が幸せに生きる知恵なのです。

6

人には、自分の人生を花咲かせるように、持って生まれた「稟」というものがあります。
この難しい漢字に秘められた教えを記事にしてみました。

-