供養 霊障

ポルターガイスト現象 補足

ポルターガイスト現象補足

はじめに

前回、ポルターガイスト現象について看護師さんの例を挙げました。

こちらも合わせてどうぞ

結局、看護師さんにとっても霊にとっても、その未来は不安定なものになってしまいました。因縁というのは複雑で、この不安定な未来がどこまで波及するのか、はたして看護師さんだけの問題で留まるのか誰にもわかりません。

一方で、看護師さんが何もしないでいなくなった後のリスクは当人ばかりではなく僧侶にも起こる可能性があることは、一般に知られることのない事実です。

僧侶のリスク

看護師さんの例で僧侶は、霊さんとの間に【取引き】または【約束】をしています。

看護師さんが、あなた(霊)を供養しますので、どうぞこの場を治めてください。

といった具合です。しかし、結果としてその約束は破られました。取引き不成立です。

現実の社会では、債務不履行ということで社会的な制裁もあるかもしれません。でも、これは目に見えない世界。供養せずに逃げてしまった看護婦さんに罪の意識などあるわけがありません

一方で、目に見えない世界では、僧侶が社会生活における債務の連帯保証人と同じような立場であることは知られていません。

当人が約束を守らないと連帯保証人である僧侶に、その保証被りが起こるかもしれないのです。

例えば、その霊が想像を超える強い恨みを看護師やその一族に抱いていたり、このケースでは違いますが、人霊ではなく神霊であったりすると、その保証被りの影響は甚大で僧侶の心身にも大きな影響が発生します。

そのため、体を壊して復帰困難になったわたしの寺院の僧侶を何人も知っています。

おわりに

霊障(障り)の事例を引き受けるのは上記のようなリスクも覚悟する必要があります。

看護師の例は決して珍しいケースでもありません。平成、令和時代にあって、目に見えない世界の話しは、怖くて面白い寓話のひとつとなり、夏場のレクリエーションのひとつといった程度にしか思われていない場合がほとんどだからです。

看護師さんにとっても、ポルターガイスト現象自体は目に見えていても、それが自分の問題として結びつかないために、自分に振りかかっていることに不条理にしか感じられていないかもしれません。

そこで、お茶水で供養など、めんどくさいと思うのも仕方ないのかもしれません。

人々の想像力は衰え、目に見えない世界はさらに遠くなり、人々と目に見えない世界との関係は予想以上に混迷の一途をたどっているように思える昨今です。



よろしければ、1Clickお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

よく読まれている記事

よく読まれている記事です。

目に見えない世界を垣間見る

はじめての家祓い

出家に至る経緯

こちらも合わせてどうぞ

1

インドにおけるヒンズー教のように、広がらなかった日本仏教。その衰退の要因と仏教の今後について考えてみました。

運命と宿命 2

人生を支配しているかのようにも見える運命論。実は、自分の人生は自分でコントロールするものなのです。運命と宿命について考察しながら、人生をより良く生きる術を見出していきます。

人生の目標 3

たまには僧侶らしく法話をしてみたいと思います。人の人生にとって、何を目標とすべきか。それを簡潔に記事にしてみました。参考になれば幸甚です。

4

やっと秋っぽくなってきた夜長に。生と死の境界についていっしょに考えてみませんか。

5

生活を好転させる方法のひとつに気分のコントロールがあります。これは、お釈迦さまの教えにも通じる人が幸せに生きる知恵なのです。

6

人には、自分の人生を花咲かせるように、持って生まれた「稟」というものがあります。
この難しい漢字に秘められた教えを記事にしてみました。

-供養, 霊障