このブログを見つけた方へ

お釈迦さまの教え「仏教」は、宗教ではありません。
お釈迦さまが人となって残された、混乱した社会に生きる人々のための智慧の集大成です。
このブログでは、その教えをはじめ、わたしが僧侶として体験した
目に見えない世界の出来事などを紹介しています。
読む人にとって、生き続けていくためのヒントになればと公開しています。

仏の教え 楽に生きる

人生の目標

人生の目標

はじめに

たまには、僧侶らしく法話をしたいと思います。

目に見えない世界に触れていくにつけ明確になっていったことは、自分のこころを変えることは難しいということです。

自分のこころも変えられないのに、人のこころは変えられない

多くの人は、この大きな誤解のもとで一生を終えていきます。

ハラスメントや詐欺の横行、環境破壊に戦争、自分一人が良ければそれでいいという世界の象徴的な現象です。

人を変えようとすれば、様々なハラスメントや暴力、ひいては戦争にまで発展してしまいます。

お釈迦さまの教え

まず、立ち止まって、自分のこころを見つめ直してみましょう。

最初の取っ掛かりは、ふっと起こってくる思いのまま行動に移す前に、もう一度思い返してみることです。

こんな思いでいいのだろうか?

このまま行動してしまっていいのだろうか?

思いは、やがてこころに降り行動となって表れます。行動となってしまってからは、取り返しがつかない場合があります。

思い付きで人を判断し、思い付きで人を非難し、思い付きで人を貶める

これでは、いつまでたっても人は幸せにならないし、温和な家庭、引いては平和な世界は訪れません。行動に起こす前に、今一度相手に対して思い返してみましょう。

相手の行動や表情からピンカンと情報を読み取る努力をする

読み取った情報から、相手の気持ちを汲み取ろうとする。これが観音行の入り口なのです。

思い換えの大切さ

行動を起こす前に自分のこころを見直す3要素は以下の通りです。

  • 何か行動を起こす前に今一度立ち止まってみましょう。
  • 自分が一番正しいという思い込みを捨てましょう。
  • 思い直さなくても思い換える努力をしましょう。

自分が変われば世界が変わり、周りの人も変わっていきます。これは真理です。

自分を卑下したり、執着や欺瞞、相手に起こす怒りや嫉妬など、こころに這いこんでくるよこしまな考えを悪想念と言います。

例えば、お金のことばかり考えていれば、お金に執着した心無い人が寄ってきます。そして、昨今の強盗や詐欺事件のような人生を棒に振ってしまうような結果を引き起こしてしまうのです。

人は自分のこころの在り様で、周りの人を無意識に選別している

人の限界

最初に、自分のこころを変えることは難しいといったように、人の力だけではどうしても限界があります。できれば、目に見えない世界のサムシンググレートな力を借りることも大切です。

自分を知れば、そこに気づきが生まれる

あ、いつもの自分の思い癖が出た

と立ち止まることができるのです。これは、人にとって、とても大切な認知行動です。

おわりに

世間が目に見えない世界に対して抱いている固定観念のひとつに、マインドコントロールがあります。目に見えない世界を想うことは、こころを制限しているわけではありません。むしろ、こころを開放しているのです。

目に見えない世界を想うことは、こころを開放していく活動

みなさんも一度、サムシンググレートな存在に自分のこころを委ねてみてはいかがでしょう。そこから目に見えない世界の広がりとともに、新しい人生も開けていくかもしれません。



よろしければ、必要な方に届くよう以下のリンクへ1Clickお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

よく読まれている記事

よく読まれている記事です。

目に見えない世界を垣間見る

はじめての家祓い

出家に至る経緯

こちらも合わせてどうぞ

さすらう間に日は暮れて 1

週末の午後、このブログで大切なことをまとめてみました。たったひとつでも、この記事の中に琴線に触れる言葉があれば、たったひとりでも自分を見直して頂ければ幸甚です。

運命と宿命 2

人生を支配しているかのようにも見える運命論。実は、自分の人生は自分でコントロールするものなのです。運命と宿命について考察しながら、人生をより良く生きる術を見出していきます。

人生の目標 3

たまには僧侶らしく法話をしてみたいと思います。人の人生にとって、何を目標とすべきか。それを簡潔に記事にしてみました。参考になれば幸甚です。

4

やっと秋っぽくなってきた夜長に。生と死の境界についていっしょに考えてみませんか。

5

生活を好転させる方法のひとつに気分のコントロールがあります。これは、お釈迦さまの教えにも通じる人が幸せに生きる知恵なのです。

6

人には、自分の人生を花咲かせるように、持って生まれた「稟」というものがあります。
この難しい漢字に秘められた教えを記事にしてみました。

-仏の教え, 楽に生きる