目に見えない世界を想像してみる

目に見えない世界を想像してみる

はじめに

久しぶりに見たニュースに刺激されてしまいました。今、遠い国で戦争が続いています。結局、人類はウィルスと戦争を克服することができなかったというわけです。

昨今のウィルスも人為的という噂もありますが、それは置いといて、戦争は基本的に人が起こすものですので防げるはずなのです。しかし、ひとりのこころの暴走は、人類の土台をも破壊してしまう危険性をはらんでいます。

行き過ぎる自分らしさ

その要因のひとつが、自分らしさの尊重です。個性も間違った方向に走ってしまうと人を傷つけてしまうのです。
だからといって、機械人間みたいになって、

画一的に生きてね!

といっているわけではありません。

欲望もほどほどに、分別をもって生きましょうね

という単純なお話しです。

しかし、問題の根幹は、結局分別の判断さえも欠落している現代の世相なんでしょう。お釈迦さまやキリストさまが、数千年前に説いたことを何も学んでいない人類の姿が今ここにあります。

その原因は、突き詰めれば、こころが原因の元であることを認識できない人間のサガと目に見えない世界の軽視にあります。

こころが原因の元であることを認識できないというのは、動物と同次元のお話しです。

そこで、目に見えない世界の欠落すると何を招いてしまうのか、少し考えてみましょう。

災禍のもと

戦争や犯罪やあらゆるハラスメントで、陰湿な暴力・暴言で相手に対して優位に立ち、自分の及ぶ周囲にまで何とかしようという行為の背景には、この世は巡り巡って最後には自分に降りかかってくるという想像力の欠如が垣間見えます。

一方で、この考え方の背後には、ちょっと功利主義的な面も見え透いてしまって嫌な感じもいたします。しかし、功利や利益で持っていかないと動かない人の世の悲しさです。

邪魔なもの、己の利益に反するものを乱暴な力で抑え込もう、さらには極端に目に見えなくしてしまおうとする行動は、幼稚で浅はかな人類創世記から続く人の営みです。

科学なんて関係ありません。このような行動を月にロケットを飛ばした後の世界でも人類は続けているのです。

自分より下に置くことで、目の前からいなくなれば、さらに言うと、この世からいなくなれば解決するという本当に愚かな思想は、なかなか拭うことができません。戦争とは、その極端な人の行動です。

人は、人生を終えてこの世からいなくなってからが、本当の出発点であることを想像すらできていない

おわりに

大多数の人々が、目に見えない世界から見たこの世の視点を失ってしまうと未来の展望は失われていくような気がいたします。

目に見えない世界を想像するということは、自分の未来をより良くする行動へとつながっていくと思うのです。

わたしは、このブログが、そのきっかけの一助になればと願ってやみません。



よろしければ、1Clickお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

よく読まれている記事

よく読まれている記事です。

目に見えない世界を垣間見る

はじめての家祓い

出家に至る経緯

こちらも合わせてどうぞ

1

インドにおけるヒンズー教のように、広がらなかった日本仏教。その衰退の要因と仏教の今後について考えてみました。

運命と宿命 2

人生を支配しているかのようにも見える運命論。実は、自分の人生は自分でコントロールするものなのです。運命と宿命について考察しながら、人生をより良く生きる術を見出していきます。

人生の目標 3

たまには僧侶らしく法話をしてみたいと思います。人の人生にとって、何を目標とすべきか。それを簡潔に記事にしてみました。参考になれば幸甚です。

4

やっと秋っぽくなってきた夜長に。生と死の境界についていっしょに考えてみませんか。

5

生活を好転させる方法のひとつに気分のコントロールがあります。これは、お釈迦さまの教えにも通じる人が幸せに生きる知恵なのです。

6

人には、自分の人生を花咲かせるように、持って生まれた「稟」というものがあります。
この難しい漢字に秘められた教えを記事にしてみました。

-