雑記

家族のかたち

https://taisei.site

はじめに

家族が疎ましい

夫(妻)と気が合わない

母(父)が嫌い

ひとりの方が気が楽

個の時代の今、家族の気持ちの距離は開く一方のように見えてしまいます。そのためか、家族自体を持ちたくない、自分の好きなもの、気の置けない人だけに囲まれて、ひとりで生きていきたいという若者も増えてきています。

そこには、自分が育った家庭環境が影響している場合も多くあるでしょう。一見自由のように見えても、実態は息が詰まりそうな日本社会の影響が、じわじわと家庭に影を落としているのかもしれません。

一般的に育った家庭環境は、往々にして子々孫々まで受け継いでしまいます。もし、幼少期の家庭内に暴言暴力が飛び交っていたならば、その連鎖は次の世代まで続いてしまう傾向にあるのです。

今回は、個が湧きたつ時代あって、変貌していく家族について書いてみました。

社会の中の自分

冒頭で書いたように、現代は価値や嗜好が多様化し、趣味を生かしながら、居心地の良い自分の生活スタイルを維持しつつ、自分の砦を築いて生きて行こうという人々も増えてきています。

ひとりで生きることを決して否定するわけではありませんが、人は死ぬまでひとりで生きることはできません。

このブログで何度も出てくる因縁・因果というものが、人々から突然削げ落ちてしまうことはないのです。

人は、人と人との繋がりの中で、大なり小なり何かしら他人の助けを借りながら生きているものです。それは目に見える形で、ある時は目に見えない形で確実に介在しています。

もし、自分はひとりで生きているという自覚を持つことができているなら、それを陰で支えている人々を含めて感謝に変えていく生き方をしたいですね。

人が一人で生きていけないのには理由があります。それは、自分は生まれ持った因縁・因果を自ら意識し確認しながら、少しずつ無くしていかなければならないからです。

仮に人を陥れたり傷つけたりすれば、それだけ因縁は複雑に絡み、ホトクことがひどく難しくなっていきます。解けなくなって固まってしまった因縁を持ったモノは、その因果を抱えたまま、二度と帰ることのできない暗黒の地へと落とされて行くのです。

家族とは

そもそも家族とは何かということを考えてみましょう。

どこに生まれたかで人生の大半が決まってしまう。それを称して「親ガチャ」というカサカサした肌感覚の、何とも無味乾燥な言葉がいつからか流行っています。

しかし、人の生誕の背景には壮大な因縁の計画の中にあり、子が親を選んで生まれてくるのであって、決して確率の結果ではありません

家族の元を作っているのも因縁であり因果です。それは、前世より長く持って回っている自我を形成している様々な素性を手掛かりにして、互いを磁石のように引き付け合います。

生まれいずる家族や土地を含めて、ある日偶然発生するわけではないのです。因縁・因果というものは、人知で計ることが出来ない、人の目に触れることのない遺伝子のようなものが介在していると思わせられるような、壮大な因果律の上に成り立っています

この世に偶然は存在しない

親ガチャを含め、この世の全ての出来事に偶然はありません。これは確かな事実です。一方、人生の見えざる計画に外れた方向には、必ずその反動作用が起こります。

身近な例として、住職が出席された結婚式でのある出来事を紹介しましょう。

住職が何気なく新婦の角隠しの飾りを見た時、突然飾りの鶴に羽が生えてきて、今にも羽ばたいて飛び立とうとしていました。住職は、その時この結婚の破綻を確信したそうです。

後から聞いてみたところ、どうやら周りの反対を押し切っての結婚のようでした。たとえ周りの反対があっても良縁もありますが、この二人の場合は違っていたようです。

その場では、絶対口に出せないことですねw

家族関係

家族関係を支えるものは個々のこころです。

その前提として家族に感情的になりがちな血が互いに流れていれば、当然ぶつかることも多いでしょう。そこで働いているものは、こころではなく感情です。

感情の発生源はこころです。感情が引き起こす負の連鎖をどこかで止める必要があります。

一方、頑固で話の通じない父ちゃん、ヒステリックな母ちゃんで手も足も出せないとしたら、タイミングをみて離れるのもいいかもしれません。例え家族だからといって、何も自分のこころに罪を作ってまで、一緒にいる理由はないのです。

自分を知ること

全ての出発点は自分のこころを見定めることです。自分が感情の余裕のない家庭に育った経験を鑑みながら、同じワダチを踏まないように将来の自分の生き方を見出していくことが肝要です。

父や母の在り方、ひいては学校や社会の在り方に、いつまでもこだわっていてはいけません。自分を起点とした世界にシフトチェンジし、思いも人生と一緒に方向転換していきましょう。

まとめ

家族は、一番近い人間関係です。人間関係は近くなればなるほど、それを維持していくためには工夫が必要となります。

人生を壊すのも、謳歌するのも、要因のひとつは、人と人との関係の中にあります。

最初に出会った家族が不安定であったことは不幸ですが、といって若いうちから、自分の人生を諦めてしまうのも少しもったいないような気がいたします。

今だけ、カネだけ、自分だけ

現代の世相は、何でもかんでも短いスパンで考えてしまいがちです。流行のスピードがそれを象徴しています。

狭い視野で考えてしまうと、家庭を含めた人間関係を壊していくだけでなく不幸の連鎖を続けてしまいます。

自分を振り返りながら、長い視野を持って、新たな人間関係に踏み出してみましょう。

もし、人生最初の社会でもある家族の在り方が不安定であれば、次のステップへのチャンスだと思い換えることができたら素晴らしいですね。



よろしければ、1Clickお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

よく読まれている記事

よく読まれている記事です。

目に見えない世界を垣間見る

はじめての家祓い

出家に至る経緯

こちらも合わせてどうぞ

1

インドにおけるヒンズー教のように、広がらなかった日本仏教。その衰退の要因と仏教の今後について考えてみました。

運命と宿命 2

人生を支配しているかのようにも見える運命論。実は、自分の人生は自分でコントロールするものなのです。運命と宿命について考察しながら、人生をより良く生きる術を見出していきます。

人生の目標 3

たまには僧侶らしく法話をしてみたいと思います。人の人生にとって、何を目標とすべきか。それを簡潔に記事にしてみました。参考になれば幸甚です。

4

やっと秋っぽくなってきた夜長に。生と死の境界についていっしょに考えてみませんか。

5

生活を好転させる方法のひとつに気分のコントロールがあります。これは、お釈迦さまの教えにも通じる人が幸せに生きる知恵なのです。

6

人には、自分の人生を花咲かせるように、持って生まれた「稟」というものがあります。
この難しい漢字に秘められた教えを記事にしてみました。

-雑記