このブログを見つけた方へ

お釈迦さまの教え「仏教」は、宗教ではありません。
お釈迦さまが人となって残された、混乱した社会に生きる人々のための智慧の集大成です。
このブログでは、その教えをはじめ、わたしが僧侶として体験した
目に見えない世界の出来事などを紹介しています。
読む人にとって、生き続けていくためのヒントになればと公開しています。

雑記

四聖について

はじめに

こちらも合わせてどうぞ

先だっての記事の住職の法話の中で、四聖について触れていました。今回はこの四聖について簡潔に補足しておきます。

四聖とは

四聖とは、4人の聖人を意味していますが、聖人の解釈によって世界に様々な組み合わせが存在します。

わたしの寺院では四聖を特定の人物ではなくて、こころの境涯である声聞・縁覚・菩薩・仏としています。それぞれを説明すると、

◆ 仏は、言わずと知れた境涯の最高位

ここに至ることは一苦労ですw

◆ 声聞は、文字通り聞き法によって修行を積む段階

法話を聞くことによって、

ああ、そうだな自分にも当てはまるな

などと自分自身を振り返りながら反省し、生活に生かしていく段階の人々です。

◆ 縁覚は禅定や経文の習得などで、自分の修行を完結していくこと

菩薩と同じようですが、菩薩から利他行(他者を利する修行)を省いた修行になります。

◆ 菩薩とは、縁覚としての自分の修行と並行して、他者を利する行もしていくこと

ところで、文殊菩薩、薬王菩薩、月光菩薩など経文に多く登場する菩薩は、目に見えない世界に実際に存在しますが、どちらかと言えば、その名は境涯であって、精神修行の遠にある目標を表しています。

決して身分を指しているわけではありませんのでご注意ください。

ちなみに、法華経では、声聞・縁覚・菩薩を乗り物に譬えて、これを三乗の法といいますが、最終的に大乗仏教では菩薩を目指す一乗の法を目指しています。

おわりに

あまり長い時間、修羅や餓鬼など人を含めた下位層のまわりでウロウロしていないで、そろそろ四聖の世界に入っていきましょう。

四聖に生きることで自分の霊格を高めていくと、善きサマリヤ人が寄ってきますよ(ご利益を頂くという意味を格好つけて言っていますw)

読者の皆さんもこの記事を読んでいらっしゃる時点で、ひょっとしてその段階に入ろうとしているのかもしれません。



よろしければ、必要な方に届くよう以下のリンクへ1Clickお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

よく読まれている記事

よく読まれている記事です。

目に見えない世界を垣間見る

はじめての家祓い

出家に至る経緯

こちらも合わせてどうぞ

さすらう間に日は暮れて 1

週末の午後、このブログで大切なことをまとめてみました。たったひとつでも、この記事の中に琴線に触れる言葉があれば、たったひとりでも自分を見直して頂ければ幸甚です。

運命と宿命 2

人生を支配しているかのようにも見える運命論。実は、自分の人生は自分でコントロールするものなのです。運命と宿命について考察しながら、人生をより良く生きる術を見出していきます。

人生の目標 3

たまには僧侶らしく法話をしてみたいと思います。人の人生にとって、何を目標とすべきか。それを簡潔に記事にしてみました。参考になれば幸甚です。

4

やっと秋っぽくなってきた夜長に。生と死の境界についていっしょに考えてみませんか。

5

生活を好転させる方法のひとつに気分のコントロールがあります。これは、お釈迦さまの教えにも通じる人が幸せに生きる知恵なのです。

6

人には、自分の人生を花咲かせるように、持って生まれた「稟」というものがあります。
この難しい漢字に秘められた教えを記事にしてみました。

-雑記