このブログを見つけた方へ

お釈迦さまの教え「仏教」は、宗教ではありません。
お釈迦さまが人となって残された、混乱した社会に生きる人々のための智慧の集大成です。
このブログでは、その教えをはじめ、わたしが僧侶として体験した
目に見えない世界の出来事などを紹介しています。
読む人にとって、生き続けていくためのヒントになればと公開しています。

楽に生きる

幸せになるために

https://taisei.site

はじめに

人にとって、幸せとは一体何でしょう。長い文明の歴史で、問い続けられる永遠のテーマのひとつです。

例えば、気が置けない友達と過ごす時間だったり、夫や妻、子供と歓談するときだったり、孫と一緒に過ごす時間だったり、何らかの仕事をやり遂げた時であったり、出世して給料が挙がったり、承認欲求を満たされることに幸せを感じる人がいることでしょう。

これらは、組織や周りに人が集まって成り立つ相対的な幸せとも思われますが、ただひとり健康な毎日を過ごすことが幸せと思ってる健気な方もいらっしゃるかもしれません。

このように幸せの形は多種多様、価値観が多くなった現代では無限にあるのかもしれません。

今回は、人にとっての幸せについて考えてみました。

運命と幸せ

野球観戦

昭和の時代、スポーツと言えば野球と相撲でした。わたしが若かりし頃も、今ではどちらもほとんど見なくなりましたが、亡父が野球好きで、一緒にプロ野球中継を見たり、球場に足を運んだりもしていました。

野球中継をよく観る方はご存じだと思いますが、野球には「流れ」という面白い現象があります。この「流れ」に乗ってプレイをすると点が入ったり、流れが止まるとチャンスに打てなくなったりするのです。

個人の実力では計れないチーム全体で醸し出すこの「流れ」によって、勝利を左右することだってあります。

画像はイメージです。

この未知なる「流れ」を運命のように感じ、自分の人生とも重ね合わせながら、野球は筋書きのないドラマなどと、野球にスポーツ以上の面白みを感じる人もいます。

「流れ」には、良い流れもあれば悪い流れもあります。良い流れに乗ると優勝も見えてきたり、反対に悪い流れに乗ってしまうと試合のバランスは崩れて、はめちゃめちゃになってしまいます。

野球における「流れ」というのは、人生ではなかなか経験できない、俯瞰して見ることのできる分かり易い運命ともいえます。

運命の正体

人生にも、良い流れ、悪い流れを感じて生活している人がたくさんいます。わたしのサラリーマン時代、昨日はついていなかった、今日はついている等、同僚たちが頻繁に漏らしていました。

中には良運に恵まれないと幸せにはなれないと思い込んでいる人もいます。悪い流れに合ってしまうと、試合が壊れていくように、人生もまた沈んでいってしまうと思ってしまうのです。

そうして、人生を経験し年取るにつれて、運命は「神のみぞ知る」ことであり、人には手出し無用と思い込んでいきます。

こちらも合わせてどうぞ

この運命を、何らかの超自然現象のように受け取らずに、コントロールできるとすればどうでしょう。

まとめ

友達と過ごす瞬間、出世した瞬間、孫や子と歓談する瞬間、その瞬間瞬間で幸せを感じられれば十分だと、人は言うかもしれません。

しかし、それは一時的なもので、いわゆる「幸せ」ではなく有頂天に過ぎません。今世の人生にも輪廻があります。その頂点である有頂天があると、反対に地獄も待ち受けているものです。

こころの力を養えば、運命と呼んでいることでさえも、コントロールできるようになっていきます。

わたしは、幸せとは外界に左右されずに、常にこころが平穏であり続けることだと思っています。

幸せとは外界に左右されずに、常に平穏を感じ続けられること

これが、阿羅漢果の境涯というもので、何事にも揺らがないこころを持つことが、人にとっての真の幸せなのです。

さて、野球における試合の「流れ」ですが、何でも野球には野球の神様なるものがいらっしゃるようです。神様も野球を楽しんでいるのかもしれませんね。



よろしければ、必要な方に届くよう以下のリンクへ1Clickお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

よく読まれている記事

よく読まれている記事です。

目に見えない世界を垣間見る

はじめての家祓い

出家に至る経緯

こちらも合わせてどうぞ

さすらう間に日は暮れて 1

週末の午後、このブログで大切なことをまとめてみました。たったひとつでも、この記事の中に琴線に触れる言葉があれば、たったひとりでも自分を見直して頂ければ幸甚です。

運命と宿命 2

人生を支配しているかのようにも見える運命論。実は、自分の人生は自分でコントロールするものなのです。運命と宿命について考察しながら、人生をより良く生きる術を見出していきます。

人生の目標 3

たまには僧侶らしく法話をしてみたいと思います。人の人生にとって、何を目標とすべきか。それを簡潔に記事にしてみました。参考になれば幸甚です。

4

やっと秋っぽくなってきた夜長に。生と死の境界についていっしょに考えてみませんか。

5

生活を好転させる方法のひとつに気分のコントロールがあります。これは、お釈迦さまの教えにも通じる人が幸せに生きる知恵なのです。

6

人には、自分の人生を花咲かせるように、持って生まれた「稟」というものがあります。
この難しい漢字に秘められた教えを記事にしてみました。

-楽に生きる