仏の教え 楽に生きる

仏種を育てる

はじめに

誰しもこころの中に仏の種があります。

このブログの中では、この仏の種をそのまま仏種(ぶっしゅ)として言い表しています。ここでいうところの仏とは、お釈迦さまを特定しているわけではなく、人が目指す最終的な境涯を示しています。

ところが残念なことに、仏種の存在さえ気付かずに人生を終えてしまう、そんな人々がほとんどです。

こころの中の仏種は、人によってその大きさ(成長度合い)が異なります。生まれたときから大きく成長している人もいれば、いちから始めなければならないような人もいます。中には、せっかく大切に育てた自分の中の仏を殺してしまう人もいます。

自分の中にあるこの仏種を育てることは、人が生まれて一生をかけて取り組む仕事です。今回はこころの中に潜んでいる仏種について、少し詳しく書いてみました。出来るだけわかりやすく説明したつもりです。長すぎて読むことだけで一苦労かもしれません。

辛抱強く読んで頂き、その真意が少しでも伝わりましたら幸いです。

仏種の役割

仏種と法華経

仏種とは何かをたどっていくと【識神(しきがみ・しきしん)】という言葉にあたります。陰陽師(おんやうじ)の命令に従う鬼神も同じ言葉ですが、それとは真逆の意味ですのでご注意を。

実はこの識神、経文にも登場してきます。

出此弊聲 労我識神 墜堕三塗

~妙法蓮華経 仏説観普賢菩薩行法経

この識神が登場する「仏説観普賢菩薩行法経」は、法華経を修行するものが心得るべき懺悔の法門です。この中には、生きていくための指針が宝物のように眠っています。このサイトでも、多く登場してくる私も日常心がけているお経のひとつです。

お経に書かれている意味合いについては、後ほど触れたいと思います。

色あせる仏の種

さて、この仏種ですが、人は日々葛藤の中で生きています。日常のささいな出来事でも、心の中に葛藤が沸き上がるのが人の常です。その葛藤する心の中に、度々登場してくるのが仏種なんです。

例えば、怒りや欲がこころを圧倒的に支配してくると、多くの人が「落ち着け」と自分に言い聞かせたり、気を紛らわせようと色んな努力をします。また、人の悲しみを自分の悲しみのように感じたり、人の苦しみに共感するような感情もこの仏種によるものです。

しかし、価値観も多様化して、人はこの大切な仏種を育てることから次第に遠ざかっているかのように思えてしまいます。今の世の中は、混乱に満ちたこころの寄る辺のない不安定な世界です。悲しみを悲しみとして、苦しみを苦しみとして感じることさえもできないような複雑化した価値判断が、人を深い深い闇へと追いやってしまいます。

そんな世界の中において、癖づいた人のこころは出口のない迷路を彷徨っているような状況です。でも、大多数の人が、それでいいとばかりに忙しさや欲望に埋没して生きてしまっています。

次のページへ >



よろしければ、必要な方に届くよう以下のリンクへ1Clickお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

よく読まれている記事

よく読まれている記事です。

目に見えない世界を垣間見る

はじめての家祓い

出家に至る経緯

迷いのある方にオススメ記事

人の思いが気になる方へ 1

はじめに 今回の記事は住職から頂きました法話からです。 今回の記事、読んで納得するだけでは絵に描いた餅ですが、実践すれば ...

運命と宿命 2

人生を支配しているかのようにも見える運命論。
実は、自分の人生は自分でコントロールするものなのです。
運命と宿命について考察しながら、人生をより良く生きる術を見出していきます。

人生の目標 3

たまには僧侶らしく法話をしてみたいと思います。
人の人生にとって、何を目標とすべきか。
それを簡潔に記事にしてみました。
参考になれば幸甚です。

4

やっと秋っぽくなってきた夜長に。生と死の境界についていっしょに考えてみませんか。

5

生活を好転させる方法のひとつに気分のコントロールがあります。
これは、お釈迦さまの教えにも通じる人が幸せに生きる知恵なのです。

6

人には、自分の人生を花咲かせるように、持って生まれた「稟」というものがあります。
この難しい漢字に秘められた教えを記事にしてみました。

-仏の教え, 楽に生きる