禅定のススメ

瞑想 禅定 雑記

唱題から解説本願へ

はじめに 連続して「南無妙法蓮華経」と繰り返し唱える修行を【唱題(しょうだい)】という Wikipedia 仏教では、修 ...

瞑想 禅定 霊障

止念観という禅定

はじめに 前世より持って生まれた思い癖は自身だけの特性だけではなく、受け継ぐ家系の血などと合わせて増幅されるように因縁付 ...

禅定

禅定の学術的なアプローチ

前回の瞑想シリーズで抜けてしまっていた禅定の学術的な観点を補足してみました。

瞑想 禅定

修行としての禅定

禅定に関する3回目は、禅定を仏教の修行の観点から考察してみました。
修行としての禅定には、そんな意味があるのかをできるだけ簡潔に記事にしてみました。

禅定について

瞑想 禅定

禅定について

瞑想について今回は、禅定と瞑想の違いについてです。
混同されがちな二つの言葉について、記事にしてみました。

仏の教え 楽に生きる

仏種を育てる

仏種(ぶっしゅ)とは、誰でもこころの中にある仏になるための種です。これを育み大きくしていくことが、人として生まれた理由なのです。そんな仏種を今回取り上げてみました。

あの世 楽に生きる

執着はこころに傷をつける

今回は、あの世では、足かせになってしまう、誰でもが持つかもしれない執着について考えてみました。

仏の教え 楽に生きる

人生のカギを握るたったひとつのキーワード

目に見えない世界では、人生のカギを握る大切なキーワードがあります。そんな言葉について、記事にしてみました。

わたしの宗教観

仏の教え 楽に生きる

わたしの宗教観

邪教も手伝ってか、とかく敬遠される宗教。
本来の役割や宗教に欠かせない祈りの意味について、わたしなりにまとめてみました。

人を見る目

楽に生きる

人を見る目

修行によって培われた目には、表に出さない、表に出ない内面が映る様になります。
そんな事情を書いてみました。

もっと見る

仏の教え 楽に生きる

仏種を育てる

仏種(ぶっしゅ)とは、誰でもこころの中にある仏になるための種です。これを育み大きくしていくことが、人として生まれた理由なのです。そんな仏種を今回取り上げてみました。

仏の教え

原罪と罪障

「ノアの方舟と三界の火宅」に続いて、キリスト教の概念とともに法華経の罪障という言葉に迫ってみました。

仏の教え 雑記

ノアの方舟と三界の火宅

ノアの箱舟と三界の火宅、2つのことなる宗教におけるお話しの簡単な説明からその共通点について記事にしてみました。

仏の教え 供養 釈迦

塔を起てて供養すべし

お釈迦さまの言葉の中に「塔を建てて供養すべし」とあります。他の大切な教えの中では、見落とされがちな言葉ですが、実は人にとってもっとも基本的な教えでなのです。この塔の意味合いとその歴史について記事にしてみました。

仏の教え 自己紹介

人の価値を決めるもの

わたしは若い頃に、今にしては少し恥ずかしいある種の価値観をもって生きていました。その価値観のとは人の価値についてです。そのな経緯を記事にしてみました。

もっと見る

仏の教え 供養 釈迦

塔を起てて供養すべし

お釈迦さまの言葉の中に「塔を建てて供養すべし」とあります。他の大切な教えの中では、見落とされがちな言葉ですが、実は人にとってもっとも基本的な教えでなのです。この塔の意味合いとその歴史について記事にしてみました。

霊の通り道

あの世 供養 霊障

霊の通り道

どのような成り立ちからかは知れませんが、霊の通り道というのがあります。わたしの家で起こった霊の通り道にまつわる出来事です。

供養

お彼岸と雑談

今年の秋のお施餓鬼も無事に終えることが出来ました。
本日は、少しぼーっとした頭を抱えながら雑談を語りたいと思います。

供養のあり方

供養

供養のあり方

秋のお彼岸の季節になりました。供養について、改めて考えていただきたいと記事にしました。

ポルターガイスト現象補足

供養 霊障

ポルターガイスト現象 補足

前回の記事「ポルターガイスト現象」の補足です。
逃げて済む問題でないことは、担当した僧侶も同じなのです。
そのことについて、少し補足してみました。

もっと見る

仏の教え

原罪と罪障

「ノアの方舟と三界の火宅」に続いて、キリスト教の概念とともに法華経の罪障という言葉に迫ってみました。

仏の教え

ネット社会における口罪

はじめに 仏教では、身・口・意を三業といってここを修行にて浄めよとしています。お釈迦さまもこの修行を中心に据えていました ...

移り変わる時代

雑記

移り変わる時代

現代は生きづらい世の中です。レールから外れてしまうと、生活維持に振り回されるため、他人に対しても、余裕のない人々に溢れかえっています。
そんな時代だからこそ、自分をもう一度見つめ直してほしいと思っています。

雑記

目に見えない世界とインド哲学

現代における日本の仏教は目に見えない世界を肯定していません。
その要因をたどるとインド哲学に行き当たります。
今回の記事は少し難しくなりますが、お付き合いいただければと思います。

戒名の意味その2

供養

戒名の意味 その2

戒名の意味の2回目は、わたしの法名を元に戒名を説明してみようと思います。
少しでも、みなさんの参考になればと思います。

もっと見る